YURIE ブログ ブログ ヨガ ヨガインストラクター ヨガ・スートラ

ヨガ・スートラの重い扉

投稿日:

こんばんは!YURIEです!

 

私はヨガスートラを読破できたことがありません。

 

読んでると

「よくわかんなーい」という状態になり

 

それでもなんとか読み進めていくと

今後は

漢字が多くて眠くなって

読みきれない。

 

理解したいのにーーーーーー

 

という思いはありつつ

いつしか本を開くことを終えました。

 

 

 

チーーーーーーン。

 

 

 

しかし!

以前勤めていた会社では

ヨガ哲学の話に触れる機会があり

有名な言葉や考え方は

覚えていたし

理解していました。

 

また、独立してからは

抜粋してまとめてあるサイトをみたりして、

少しづつ理解できるようになっていました。

 

 

 

そして、そういった知識をインプットしながら

ヨガの実践を通して

繋がることが増えてきました。

 

「あれ?」これってスートラにも書いて会った?

 

ケン・ハラクマ先生の本で読んだかも!?

 

 

そんな風にいろんな所で得た情報が

 

 

 

「繋がり始めた」

 

 

 

「ヨガ・スートラの重い扉」が開き始める。

 

 

 

私の現状と繋がっているなぁと思うのが

1サマーディ・パタ「7 正知のよりどころは、直接的知覚、推理、および聖典の証言である。」

 

 

簡単にいうと

人は、実際に自分の目で直接見ることによって理解する。

目の当たりで見れば疑いの余地はない。

それが確実な知識を得るための一つの方法だ。

 

もう一つは推理。

火のないところに煙は立たない。

煙があれば火があると推測できる。

 

雌牛が乳を出せば、ほかの雌牛も乳を出すことは推測できる。

たとえそれを見たことが無くも推測できる。

 

そしてこれらを真に理解して信じている人がそれを告げる。

その人を信じている人がそれを聞く。

 

信頼する人が、その真実を見たことを告げるから「信じる」

それが普通に言う聖典、つまり、賢者、聖者、預言者。

 

そして

東洋では「修錬せよ」と言う。聖書も同じようにやらなければならない。

 

ただ、私がそう言うからそうする。と言うのではダメ。

同じ道を誰しもがそれを承認し、古い聖典もまたそれを承認しなければならない。

心理は同じはずだから。

 

私たちの時代。

今日は最高で最先端でも

明日には最低、最悪、

それらは最終的な完成形に至っていないからだ。

聖典を通じて示される預言者たちの言葉は最終的なものだから、簡単には修正されない。

 

 

疑うことがあったら

「で、その根拠は?」と問い返すべし。

ある人やあるものを盲目的についていく必要はない。

「どこかおかしい。」と感じたらどんな聖典でもいい、それで調べて見る。

 

私たちは確実な知識を得ることができる。でも最終的には平安を見出すために無効にしなければならない。

だけど

思いはそう簡単に捨てられない。

 

全部いっぺんに放り出さず

部分け(分析)してそれからワンセットずつ捨てる。

 

ゴミも分別するように、あとで処理しやすいように分類しておく必要がある。

 

心についても同じ。

洋服を片す時、

友達にあげるもの、もう一年着るかもしれない、捨てるもの。など分ける。

 

私たちには執着が残ってる。

だから少しづつでいい。

 

ここまでがスートラの話で

 

 

私の実際に話とリンクすると

 

簡単にいうと

人は、実際に自分の目で直接見ることによって理解する。

目の当たりで見れば疑いの余地はない。

それが確実な知識を得るための一つの方法だ。

これは

ヨガ教室開催やスタジオ経営などの「行動」

何事もやって見なければわからない。

納得できない。

「好きなことを仕事には難しい」

「食べていけない」

「ヨガだけじゃ無理」

「働きたい時間だけ働いて、稼げて、楽しく仕事できるって無理」

 

それが本当にそうなのか?と思うし

そうじゃない!と思うから実際にやっているところもある。

 

好きなことを仕事にすることはできるし

楽しくワクワク過ごせるし

自分の無理のない時間帯で働くことができる

 

と思うしそれをこれからも証明して行きたい。

 

 

全部いっぺんに放り出さず

部分け(分析)してそれからワンセットずつ捨てる。

ゴミも分別するように、あとで処理しやすいように分類しておく必要がある。

 

これは、心を無にするために書いている例え話の一つだけど

どんなことにも通づる話だなと思った。

整理整頓、断捨離もそうだよね。

 

そして、どんなことにも

飛び級みたいなことはなく、段階があると言うことだと私は思う。

 

まだ何も始めていない状態から

「いきなり100万稼ぐぞ!」はかなりハードルが高いけど。

 

まず月に1万円

半年後月に5万円

1年後10万円

そして、

10万円商品を10人に売れば100万円

 

と言うように、段階を踏んで少しずつステップアップする。

 

誰しもが

一発で

何かを捨てたり

得ることは難しい

 

 

そこにつながった。

 

 

今日のヨガ・スートラの重い扉はここまで♪

*ここに書いていることは私個人の読解と感想です!

-YURIE ブログ, ブログ, ヨガ, ヨガインストラクター, ヨガ・スートラ

Copyright© yurie yoga , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.