YURIE ブログ おうちヨガ ブログ ヨガ ヨガインストラクター

無料と有料の違い

更新日:

ヨガインストラクターが自分の軸を持ち、
ワクワク仕事ができるようになる!
をサポートしています。

サクッと!起業アドバイザーのYURIEです。

 

無料と有料の違い

 

世の中には
無料お試し!
というありがたいサービスがあります。

 

実際に、
無料お試しを試したことは
あります。

 

でも私は
継続しようと思ったことは
ありません。

 

 

 

 

とりあえず、
「試してみよう!」
ということがほとんどです。

 

 

無料と有料の違いは

そのサービスを利用する側も
提供する側も
マインドも大きく変わります。

有料でもやる!
と決める人は
本気度、覚悟も含め
「価値」を分かっていることが
多いです。

じゃあ、なんで無料でするの?
様々な意図が

あると思います。

 

 

まずは商品を知って欲しい。

 

本当に良いと思った人が買う。
効果が出た人だけ買って欲しい。

 

ニーズを把握するため。

このようなところでしょうか?

 

 

試食販売で美味しいと
つい買ってしまいます。

こういうこともありますよね!

だから無料が悪いとか良いという
話ではないです。

 

 

なぜ「無料」なのか?を考えて欲しいのです!

 

例えば
無料でセミナー開催するのと
5,000円の価値をつけて
提供するものでは
質が変わります。

 

 

これは提供する側から考えて見ます!

 

 

無料だから質が悪くても

 

 

知っていることを再復習するような
内容でも
「まぁしょがないか」
と許せてしまう。

 

一方、有料の場合は
5,000円という価値を
お届けするために
様々な知識や経験を
詰め込みます。

みなさんなら
無料であまり身にならないものと

 

有料でしっかりその後に役立つもの

どちらを選びますか?

私は
即答で後者です。

そして、
最終的には値段ではなく

 

「〜さんのセミナーだから行きたい!」
という信頼感で決めます。

 

 

それはセミナー開催までに
・話していた内容
・ブログの内容
・SNSの更新

 

などから会って見たい!
相談したい。
自分に合う!
と思えるからです。

 

そう思った瞬間に
この機会は
逃さないほうがいいな。

今逃したらその後きっと
後悔するな。

そう思います。

 

 

無料って
「試す」としてはとても
良いですよね。

 

その人と無料で話せるわけだし

 

 

サービスが良かったら
続けよう。
という人も来るし

 

 

ある程度のニーズを把握
することもできる。

 

でも
無料だから
と選んだ人には
自分の価値は届きにくいのです。

 

これからレッスンを
開催しようとしている人たち。

 

ぜひ無料ではなく

 

有料で責任感を持って
レッスンを提供して欲しい。
と思います!

とにかく「自信がない」
という方は
ぜひ体験セッションにお越しください。

 

「まずはあなたを変える。」

 

「ずっと変わりたいと思っている」

 

という人が体験セッションから
継続を決めています。

 

自分が変われば
見えて来る
景色が変わって来る!

 

一緒にワクワクの人生を
手に入れましょう!

 

「教室開催の不安をやる!に変える」

 

ヨガ教室の始め方1dayセミナー
こちらから
お申し込みください!

https://55auto.biz/yurie-yoga/touroku/entryform6.htm

 

ヨガ教室始め方 PDFダウンロードが
まだの方はこちら

https://55auto.biz/yurie-yoga/touroku/entryform5.htm

 

 

ヨガビジ体験セッション

「自分がどのように活動して行きたいのか」

方向性がわかる体験セッションです。

ご予約はこちら

https://55auto.biz/yurie-yoga/touroku/entryform9.htm

*************************************************
からだ創造スタジオOHANA
ヨガインストラクター髙野由李映

note: お客様が信頼してからだを委ねることのできるインストラクター7つの秘密https://note.mu/yogiyurie1027/m/m5d329eeec2f1

 

-YURIE ブログ, おうちヨガ, ブログ, ヨガ, ヨガインストラクター

Copyright© ヨギーニYURIE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.