ブログ 子育て

幼児期の食育

更新日:

こんばんは!
越谷市でヨガ教室をしています!
ヨガインストラクターYURIEです(*^^*)
自尊心。
心理学的には
自己に対して、肯定的な態度(インターネット調べ)
自分にはコレがある
というのが自信になる
信じるものことがあることが大切。
家族の存在
友達の存在
夫や妻やこどもの存在
みんなが力になっている。
こどもにとって
安心なお母さんでいたい。
なのに。
今日、
長男が夕食の炊き込みご飯
『いらない』って。。。。
もち米で炊いた
炊き込みご飯。。。
お野菜もたくさん入ってるから
食べてほしかったぁ。
野菜嫌いな息子だから
食べさせたい。
食べてほしい。
自分なりの工夫をしたのに。
受け入れてもらえなくて、、、
叱ってしまった。
叱るより
怒り。
『どーせ美味しくないよね』
『もうご飯つくってあげたくない』
『好きなものだけ、毎日同じおかずだしてあげるからもういい!!!』
とかひどいこといっちゃった。
そのあと『ごめんね。』って
長男も私もしたけど
『言ってしまったことは消えない』
きっと息子のこと、傷つけたなぁ。
自尊心育てるとか、、、
こんかワードが頭に浮かんだりして
本気で落ち込んでます(笑)
こどものことを想って言ってるつもりでも、
結局、自分がしたことを
受け入れてもらえないことが『悲しくて』『悔しくて』怒っただけ。
この、伝え方は
失敗でした。
感情まかせに
言ってしまう
自分をなんとかしたい。
自分の成長を待ちます。。。
幼稚園の先生が
人は誰でも
『悪いことしたいっ!!』という気持ちを持っている。
子どもたちの『悪さしちゃお!』という芽がでてきたら
小さい芽のうちに、切っちゃう。
あえて、その芽を少し出させてあげる。
少し発散させてから
切ってあげるのが大切なんです。
というお話をしてもらった。
なるほどなぁ。と思った。
それを考えると
食べ物の『好き嫌い』は
好みもあるし、その日の気分や体調もあるし。
まぁ、無理して食べずに『いらない』と正直に言ったんだから、それは良かったのかな。と。
怒っちゃったから
次、この場面になったとき、
長男がどんな風にするかは
わからないけど。。。
今日、起こったことを
しっかり記録。
反省→改善(怒る前に深呼吸)
今日もご覧いただきありがとうございました!

-ブログ, 子育て

Copyright© ヨギーニYURIE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.